キャノンインク326のコストパフォーマンスについて

キャノンのBCI-326にはBK(黒色)、Y(イエロー)、M(マゼンダ)、C(シアン)、GY(グレー)の5色が用意されています。それぞれ独立型カートリッジなので、カートリッジが空になった時、必要な色のカートリッジだけを購入して交換が出来るようになっているのが特徴です。一つのカートリッジに複数の色のインクが充填してある場合、1つの色がなくなるとカートリッジを交換しなければなりませんが、個別になっているので、無駄なく利用が出来るなどの利点を持ちます。ちなみに、BCI-325PGBKがセットになっているマルチパックも用意してあります。BCI-325PGBKは黒色カートリッジの大容量版で、文書印刷を主に行いたい人などにお勧めで、BCI-325PGBKを利用する事でコストパフォーマンスが高くなるなどのメリットに繋がります。

なくなった色のカートリッジだけを交換すれば良いのです

キャノンの純正インクのBCI-326はPIXUSシリーズのMG8230を初めとする、MG8130、MG6230およびMG6130に利用可能なカートリッジです。このカートリッジは5色独立型になっているため、1つの色がなくなっても、なくなった色のカートリッジだけを交換すれば良いため、コストパフォーマンスが高い製品と言えましょう。ちなみに、カートリッジの中にはRBGなどの3色カートリッジもあり、1つのカートリッジを交換すれば良いなどのメリットがある反面、赤色がなくなればブルーやグリーンのインキが残っていても、カートリッジを交換しなければ印字を続ける事が出来ないのでコストパフォーマンスは低くなってしいます。BCI-326の場合は、黒、シアン、マゼンダ、イエロー、そしてグレーの5色が独立したカートリッジになっていて、黒色がなくなった時にはBKの品名が付いているものを購入するだけで良いのです。

キャノンの純正を選ぶとプリンターの性能をフルに発揮出来ます

BCI-326はキャノンの純正インクの品名になりますが、最近は非純正タイプも色々なメーカーが製造販売を行っており、純正と比較した場合値段が安いのでコストを抑えたい人々からの注目を集めています。写真などの印刷を行う時には、純正タイプを使えばプリンターの性能をフルに発揮してくれるので、写真画質の印刷が可能になります。非純正タイプの場合は、使用しているインキ材料が異なるため、純正タイプと比べると劣りますが、写真以外の文書を印字する時などは純正タイプとそれほど印刷品質が変わらずに印字が出来る、しかもコストパフォーマンスは純正よりも高くなるなどのメリットがあります。尚、非純正タイプを使う場合の注意点として、信頼出来る製品を選ぶ事が挙げられます。特に、保証期間内で故障した場合、非純正タイプのインクを使って壊れた場合には有償修理になるからなのです。